早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

占い雑記

“恋愛運”を最大限に利用して運勢に乗る方法をあれこれまとめてみた話。

鬼越トマホークさんの You Tube 女遊びを1ミリもしない芸人ランキング をみて占っているシリーズです。 今回はスピンオフ、つまり盛大に話が脱線しているんですけどね。 希望者にはもれなく全員に訪れる“恋愛・結婚運”を、最大限に利用して運勢に乗るために…

女遊びを1ミリもしない芸人ランキングをみて「結婚運がない」って、占い師が言うやつをものすごく詳しく解説してみる。

鬼越トマホークさんの You Tube、女遊びを1ミリもしない芸人ランキング をみて勝手に占っているシリーズです。 おさらいしておきますとランキングは、 1位 野田クリスタルさん・シソンヌ じろうさん 2位 ジャングルポケット 太田博久さん 3位 鈴木もぐら…

広末涼子さんを占ったら 星は生きにくく不器用で、まさに現代のベストマザーでべストファミリーだった話。

広末涼子さんがベストマザー賞 受賞とのことなのですが、マザーを感じるには10代から時が止まってます?なミラクルな美しさに気がいってしまうのは私だけでしょうか。 でもですね、占わせていただいたら決して生きやすいわけではない、どちらかと言えば生…

宇野千代さんを占ったら、恋愛で消耗しない。どこまでも私のために生きるスタイルにちょっと憧れた話。

前回は東郷青児さんを占わせていただきました。 きっちり運勢の大波にさらわれて、愛の渦に呑まれてしまった男の優しさと弱さが 小説 色ざんげ になったかのようで、それを書いたのが宇野千代さんでした。 東郷青児さんと同じぐらい波乱万丈な人生に見える宇…

小説 色ざんげを読んで東郷青児さんを占ったら、拍子抜けするぐらい“女好き”の星ではなかった話。

宇野千代さんの 色ざんげ を読んでいます。 書店で見かけて素通りできない濃いめのタイトル、瀬戸内寂聴さんの 花芯 とか、あんな感じなのかしら どうなのかしらと思っていたら、 ドラマ 昼顔の脚本をNetFlix 韓国ドラマ制作陣が10人がかりで書いたんか、…

今田美桜さんを占う前に、丙午(ひのえ うま)っていろいろ誤解されてるよねって思った話。

どうなのかしらドキドキ。今田美桜さんの公表 生年月日はほんとうなのかしら。 毎日占っていると、ある日いきなり星がぜんぜん変わってしまうの芸能人あるあるです。 若い女性のかたは特になんですよね。 独立したり結婚したりのタイミングで生年月日を修正…

八十八夜には心に潤いを。二十四節気と開運の関係についてあれこれ考えてみた話。

このブログのもとになっている占いは東洋占星術なんですけどね、そのまたさらにもとになっているのが陰陽五行論です。 この考え方が大好きなんですよ。 この世のものにはみーんな陰と陽があって、木・火・土・金・水の五つの性質に分けられるから、季節ごと…

ゴールデンウイーク初日に“占いができること”をぶつぶつ考えた話。

寄り添いたいし、寄り添われたいなぁと思うこの頃です。 占い師として、これが私は致命的に苦手なことを自覚しつつ、そんな人間関係を作れたらなぁと、憧れるような気もちで日々鑑定しています。 占いに否定的な印象を持っている人に「なんで(お客さんは)…

岡本太郎さんと敏子さんの“愛の奇跡”も占ってみて、恋愛を通して運勢の切り替わりに気づくことってあるよねと思った話。

前回のエントリでは、林真理子さんの新刊 奇跡 から田原博子さんを占わせていただきましたが、思いだしました。 奇跡といえば、ずいぶん昔に一気に読んでしまった小説がありました。 奇跡 (集英社文庫) 作者:岡本 敏子 集英社 Amazon 芸術家 岡本太郎さんの…

市川海老蔵さんを占って、恋愛問題のアレコレが噴出するタイミングについて考えてみた話。

前回のエントリで瀬下さんを占わせていただいたときに、「あ、海老蔵さんもだ」と占い脳がつながりました。 瀬下さん、市川海老蔵さん、そして千鳥大悟さんは、皆さん生まれた日の星が同じです。 もちろん占いは 総合的に星をみていくものなので、その星だけ…

天竺鼠 瀬下さんを占ったら根っから昔の芸人さんの星、運勢は大きな転換期だから立て直してがんばってほしいと思った話。

瀬下さん、占わせていただいたら もう根っから“昔の芸人さん”の星で、 飲む打つ買うの三拍子なイメージでした。 道楽の限りをつくすけれど愛される魅力も大きいスター性のかたまりで、 誤解を恐れずに言えば、男性でも女性でも結婚しない方が自然な星で、人…

ウィル・スミスさんを占っていたら、夫婦の相性とパワーバランス説に加えジェイダさんの天中殺でいろいろ納得してしまった話。

ウィル・スミスさん、どうしちゃったんでしょうかね。 そういうタイミングなのか もともとそんな感じの人なのか、と、占ってみたら、 根っこは奥様ジェイダ・ピンケット・スミスさんの天中殺&ご夫婦のパワーバランスにありそうです。 スケールが無限に大き…

占い的に今日は2022年を象徴する日なので穏やかに過ごしつつ、今年の顔4人をピックアップしてみた話。

おはようございます。 今日は壬寅(みずのえ とら)の日で、 2月は壬寅の月、 2022年は壬寅の1年です。わお。 ものすごく今年を象徴している1日なんですよね。 今日穏やかでいることで、今年ずっとそんな風に過ごせるのはないかと願いながら、 平穏無…

渡部建さんの復帰運を占ってみたら 新しいことをしっとりと始めるタイミングの到来。運勢からいろいろズレているんじゃないかと思った話。

渡部建さんを占わせいただいて、これまでずいぶん無理をしてこられたのではないかと思いました。 あ、謹慎期間中のことではなくて、芸能人として びっくりするほどうまく行きすぎちゃってた時のほうです。 本能と現実の星が これだけ背いて離れていると、子…

宮迫さんをまた占って、スタートのタイミングが運勢からズレちゃうと今後いろいろバグってくるんじゃないかと勝手に心配しちゃった話。

雨上がり MIYASAKO Amazon 独立、開店、結婚。スタートのタイミングが運勢からズレるといろいろバグってくる。 ものごとのスタートのタイミングは、これはもうめちゃめちゃ大切です。 その後の運勢、人生に与えるインパクトがけっこう大きいので、襟を正して…

石田純一さん・壱成さん親子を占ったら、親子だからこそ相性ってだいじ って思った話。

こんにちは、早坂和夏です。 わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。 「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉…

占い的に2022年は「春」の訪れ。世の中のムードも一変するので、2ヶ月でいろいろスッキリさせようとしている話です。

こんにちは、早坂和夏です。 わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。 「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉…

竹内涼真さんと井川遥さんのラブストーリーがすごくすごく観たい、すみませんそれだけの話で。

こんにちは、早坂和夏です。 わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。 「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉…

M-1グランプリ2021を占ったら、気になりすぎる3組から目が離せない話。

こんにちは、早坂和夏です。 わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。 「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉…

木下優樹菜さんを占ったら2022年は結婚運マックス、再婚するよねって思っている話。

こんにちは、早坂和夏です。 わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。 「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉…

小室圭さんと眞子様のご結婚占ったら、自分らしく生きるのって(人によっては)命がけよねって思った話。

前回から引き続き、小室圭さん眞子様ご結婚に関するエントリです。 結婚するぞ!からのニューヨーク留学という斜め上すぎるアイデアが、個人的にずっと謎だった小室圭さん眞子様のご結婚ですが、 占ってみたら納得で、自分らしく生きるって(人によっては)…

小室圭さんと母佳代さん 眞子様を占ったら芸能の星がズラリ。エンターテイナーの未来を確信した話。

さすがに コムコムマコちゃんねる ♪ とかは無いにしても、 本を出したり、インタビューがネットフリックスになったりはありそうすぎるんですよね。 それぐらい全員 表現力とスター性の星がズラリの、すごく今の時代に活躍するっぽくて、 ヒーローなのかダー…

雨上がり決死隊さんを占ったら解散は必然の運勢で、タイミングがズレたから大変になっちゃったのねと思った話。

解散報告動画を見ていてシュンとなりました。 もうちょっと何とかならないのかしらと占ってみたら、運勢的に解散すべくして解散していて、タイミングがズレたからこんなに大騒ぎになっちゃったのねとますますシュンとなりました。 クイック・ジャパン79 (Vol…

ハートの星が名誉のひとが名誉を失ってしまったら、それこそ名誉挽回するしかないんだよなって思った話。

こんにちは、早坂和夏です。 わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。 「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉…

ドラマ「恋する母たち」は、それぞれの女性をどんなハッピーエンドにするのか楽しみな話。

日本でいちばん恋をしたいのは、既婚者(占い師調べ。) このドラマを見て、 そうだそうだ。今、日本でいちばん恋をしたいのは、母(と父)だ。 なるほどそうだよね、と膝を打ちました。 実際にするしないは別にしても、年齢を重ねるほど人は恋に憧れ、若い…