早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

岡本太郎さんと敏子さんの“愛の奇跡”も占ってみて、恋愛を通して運勢の切り替わりに気づくことってあるよねと思った話。

前回のエントリでは、林真理子さんの新刊 奇跡 から田原博子さんを占わせていただきましたが、思いだしました。

奇跡といえば、ずいぶん昔に一気に読んでしまった小説がありました。

芸術家 岡本太郎さんのパートナーであり、実質的な妻だった岡本敏子さんが書かれた小説、いやこれ私小説ですよね という衝撃的な一冊です。

うっとりを飛び越えてびっくりなエピソードだらけですが、なぜか“愛の奇跡”っていう言葉が腹に落ちたのを覚えています。

少女の初恋が一生続いちゃった敏子さんで、そのお相手が太郎さんだった。

そんな奇跡の物語です。

岡本太郎さんは1911年2月26日生まれ。

炎の星のひとで、ハートの星は伝統です。

岡本敏子さんは1926年1月1日生まれ。

金の星のひとで、ハートの星は創造です。

太郎さんにも敏子さんにも正妻・正夫の星があるのに、入籍しなかったお二人。

お二人はそれぞれ、一回結婚するご縁を持っています。

そうするのが自然なのにしなかったその理由は、太郎さんが独身主義者だったからと言われていますが、

そこを占い的に深掘りすると、太郎さんからみてお母様の岡本かの子さんとのご縁は特別で、先にも後にも愛したのはお母様だけだったのかもしれない。

しかもそれがこじれているので、母と結婚することはできないけれど、母のために生きたいと心の奥で願いながら、自分にとってしっくりくる結婚の形を模索されたのかもしれない。

最終的に敏子さんを養女にされることで、家族になられたわけですが、

太郎さんの心のど真ん中には、敏子さんの生まれ日の星がそのまま鎮座していて、ここに奇跡を感じる占い脳です。

頭で考えることと本能は、たいていの場合正反対を向いていて、占いではそれをみていく。

こうするべきなのにできない、やる気にならない

さすがにこれはダメだろう、でも止められない

そんなギャップにいちばん悩まされるのが、“恋愛”だと思っています。

本能の星にできるだけ沿うような生き方ができればいいよねと 考えているのですが、これがまた難しいものです。

ただ、恋愛や結婚に悩むとき、もしかしたらそこじゃないところへの変化のメッセージ、運勢の切り替わりがきていることは多いです。

優先順位は まず自分の人生を生きることなのですが、

結婚というスタイルは女性の人生を埋没させやすくて、だけど結局は自分自身になっていくことから背を向けることはできないんだなと、この2つのエントリを書いてさらに思うのでありました。

www.hayasakawaka.com