早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

北野武さんを占ったら 人生と運勢がぴったりのタイミングで切り替わっていて、爆上げ運についてまた勉強になった話。

北野武さんについて、あれこれ書いている記事を読んだのですが、

けっこうな悪口で、主に女性遍歴をあれこれ掘り下げているものでした。

そんなに?と、占わせていただいたら、まぁ、そうですよねと納得してしまう星の組み合わせですが、かっこいいんですよ。

人気の星×2、色気の星×1

さみしがりで甘えん坊さんな雰囲気です。

女性に対しては優しかったんじゃないかな、そんなに恨まれるような関わり方はされなかったんじゃないかな、と思うとともに、

逆にどうして結婚生活を続けられたのか、男女の間で起きることは永遠のミステリーです。

ちなみに生まれた日の星はあの大悟さんと同じ、スターの宿命。

北野武さんは1947年1月18日生まれ。

炎の星のひとで、ハートの星は色気です。

たけしさんの運勢の大転換期はピッタリなタイミングで大きく3つに分かれている。

1、生まれてから大学生、アルバイトを転々としていた時代

2、フランス座でエレベーターボーイをしながら芸人見習いをスタート、そして人気の頂点へ

3、バイク事故から現在まで

この3つが、人生と運勢、ピッタリのタイミングで切り替わっています。

よくこのブログではよく、“芸能人特有の爆上げ運勢”というワードを使っていますが、北野武さんは2の時期がまさにそれでした。

すごく難しいのが、爆上げ運勢が一生続く人とそうでない人がいるということと、

たくさん稼いでしまった人ほど爆上げ運が終わるときに、ダウンサイジングした生き方に戻しにくいということ。

武さんは3に切り替わったタイミングで、もともとのスケールに戻されてしまった、とみることができます。

世界的な映画監督になられたのは完全な自力運で、やっぱり尊敬しかありません。

2と3では、生き方のスタンスもやることもぜんぜん違うし、そうすることが自然なんですね。

人はどんどん進化して、自分らしくなっていく。

人の能力や才能には、種類は違えど 大小の違いはそんなにはなくて、

だけどその才能を、リスクを取って人生を賭けて、運勢のタイミングに乗ったら、何者にでもなれるとも思うんです。

話を戻しますね。

北野武さんは2023年から2024年にかけて、体調を崩しやすい時期に入ります。

もともとお持ちの体質からみると、メンタルに出やすいところがありますので、

現在されているように、メディアでのお仕事を少なめにして、創作活動にコミットされることはベストなスタンスになります。

お蔵入りになってしまったと言われている“首”観たいんですけどね、どうにもならないのでしょうか。

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com