早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

中田敦彦さんを占ったら、どうして芸人さんになったのか不思議になるぐらい武闘派サムライの星だった話。

中田敦彦さんはどうして芸人さんになられたのか、占わせていただいたら、

ちょっと不思議に思ってしまうぐらい、芸人さんがピンとこない、

ゴリゴリの社会性の星です。強いです。

2005年ぐらいの運勢の、ふわっとしたゆる上昇、冒険と変化の星の影響でしょうか。

「人は何者にでもなれる、いつからでも」

って、YouTube 大学の動画でご自身がおっしゃっていますが、

中田さんのご活躍は、

「人はどんどん自分になっていく、いつからでも」

と、しみじみ感じ入りました。

 

中田敦彦さんは1982年9月27日生まれ。

雨の星のひとで、ハートの星は革新です。

そもそもどうして芸人さんになったのか、不思議になるぐらい武闘派サムライの星。

あぁ、こんなときは歴史上の人物でたとえたい。

サムライあるある言えたらいいのですが、ない袖は振れません。

中田敦彦さんのすごさというか、怖さというかは、

・色気・創造・愛・人気の星がない

・芸能人特有の運勢の上昇もない

って要するに、戦いにバカみたく強くて、しかもハートの星は革新、知性のかたまり。

なのにアウトローにならないのは、意識は仲間に向かうから。

戦う→頭脳プレイ→仲間想い。

インテリやくざって言葉がありますが、インテリ侍、武闘派インテリ侍なんですよね。

 

運勢の上昇がなかった、っていうのもこれまたすごくて、

道場破りを繰り返し 戦う筋肉をつけていった、

高いところまで 一段一段 登った感がすごいです。

原動力は戦いだから、常に敵がいなければ始まらないわけで、

中田さんは今、誰に戦いを挑みどこへ向かっているんだろう。

とはいえ2022年、中田さんも天中殺。現状維持が吉。

百戦錬磨の武闘派インテリ侍に物申すなんて、釈迦に説法もいいところなのですが、

宮迫博之さんも中田敦彦さんも天中殺(空亡とか大殺界のアレ)な時期に突入するわけで、

こんなときは去年までやってきたことを、たんたんと続けることがベストなんですけど、でもそういうの強い人ほど苦手だったりするんですよね。

2026年、4年後にはいよいよ運勢が本気を出してきます。

今までとはぜんぜん違うことを、ものすごいスケールでされそうなんですよね。

動き続け変わり続けていないと、死んだようになってしまう才能のかたなので、ちょっと目が離せないです。

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com