早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

西矢椛さんを占ったら、13歳の金メダリストはスケートボードをひたすら楽しんでいて最高だった話。

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星は~?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなに~?」とメッセージを送ってください。「○○の星のひとですよ~ん☆」って返します。無料なのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ開運♪ 

f:id:hayasaka-waka:20210727195515j:plain

西矢椛さんは2007年8月30日生まれ。

太陽の星のひとで、ハートの星は人気です。

 

太陽×人気の星の組み合わせをもつひとは「主役」でいることで運気上昇。自分は特別なんだと信じることがだいじ。

言葉のまんまなんですけどね。

だって太陽と人気ですよ、そんなの主役に決まってるじゃないですか。

ひとつしかない太陽の絶対的な存在が人気をまとっているわけです、それはスター☆ですよ。

星に合わせてファッションも 特別感 を醸し出すことがキモになります。

できれば華やかに、いや派手でちょうどいいぐらいです。

見た目と星が一致すれば、自然と主役感も出てくるもの。

「私は特別なんだ」と、信じる気もちが運勢を⤴上げてくれますよ。

ハートの星が人気の子どもは、愛情をたっぷりかけてもかけても、かけすぎることはないんです。

自意識が強めの寂しがり屋さんなんです。

兄弟が多ければその必要もないのかもしれませんが、もし ひとりっ子ならば放任的子育てはノットグットですよ。

幼少期は目を離さないであげてください。

その子のスター性が育つようなイメージで、堂々とした振るまいが身につくようにしてあげてください。

愛情をたっぷりかけることは、その子の存在を全身で認めてあげることで、最近の表現だと自己肯定感を高める、そんな風にそばにいる感じですかね。

親離れできない?なんて心配ご無用です。成長するにつれてフィールドも広がっていくので自然とちょうどいい距離感になっていきます。

西矢椛さんはパワースポットみたいなキラキラしたオーラのひとなんだろうなと想像が止まらない。

楽しいことをひたすらやっていたら みんなが褒めてくれるし、だから練習する→もっと楽しい ♡ そんな星のループなんです。

感性がするどくて直観力もキレキレ、精神的な星が多いので夢や空想をふくらませるのが上手なんですね。

逆にスポ根的な根性論で、心の声を無視してギリギリまで無理をしてことを成しとげるタイプではないんです。

楽しい!大好き!そんな一点の曇りもないエネルギーが、2020・2021年の運勢急上昇と出会ったことで日本最年少金メダリストに輝いちゃうなんて胸熱です。

 

金メダルラッシュで、占いが追いつかないなんて嬉しい限りです。

おめでとうございます!