早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

綾部祐二さんと渡辺直美さんを占ったら同じ意味の星。最強の無になれちゃうひとだった話。

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星は~?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなに~?」とメッセージを送ってください。「○○の星のひとですよ~ん☆」って返します。無料なのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ開運♪ 

f:id:hayasaka-waka:20210703092625j:plain

綾部祐二さんは1977年12月13日生まれ。

樹の星のひとで、ハートの星は伝統です。

 

樹×伝統の星の組み合わせをもつひとは、まっすぐな信念のひと。ゆっくりじっくり時間をかけて伸びていく。

地頭がよくて聡明で、いろいろなことが分かっているから、新しいモノ・コト・ヒトを取り入れるときはしっかり厳選する星のひとなんです。

いい意味でミーハーではないので、ちゃんと腹落ちできないとグルグルと止まってしまいます。

「納得できるかどうか」がキモになる星のひとなので、決めたもののモヤモヤしていたらまだ時間が必要だよというサインです。

もっと情報収集をしたり、選択肢がどれだけあるか再検討してみてくださいね。

そしてそんな 自分のフィルター を無事通過できたら、たとえそれがどんなに大変なことでも、やりきる強さが見事なんです。

安心安定な仕事ぶりをがっつり発揮できるので、そこまでの気もちのプロセスで妥協をしないことが開運行為になります。

 

オオタニサンも綾部さんも気もちは同じ、行動×革新。

前回のエントリで、大谷翔平さんは戦場カメラマンのような星の組み合わせをもっていると書きましたが、綾部さんも同じところに同じ星。しびれます。

もともともっているひとはレアだとしても、巡ってくる星だってあるわけで、あなたにもわたしにも、そんなときが来るかもしれない。

このままじゃいられない衝動から心がざわざわしたら

知らない世界に飛び込んでみたくなったり、

危なげな恋に憑かれたようになったり、

ヨットで太平洋横断したくなっちゃうはず。

 

綾部祐二さんと渡辺直美さんは同じ意味の日に生まれていて、それは形とは無縁の星。最強の無になれるひと。

精神的 or 現実的、どっちのタイプ?っていう占いの方法があって、おふたりは完全に完璧な精神的タイプ。

こうしたらどうなるとか、このためにアレをする、そしてこうなる。

みたいな考え方があるようでないんです。

発想が俗な現実から出てくるものではないので、勢いはすさまじく最強の無のワイルドさがあるんです。 

綾部さんと渡辺さんは双子の兄弟みたいです。

そんな同士がいるって、うらやましいなぁ。

綾部祐二さんは2017年にニューヨークに拠点を移されていて、これまた最高のタイミング、人生が大きく広がりマックスです。

なんですけどね、2年前から少しムードも変わったので2022年からの2年間だけは安全第一。いったん帰国しても、いや、したほうがいいんじゃないかと。とか言って、もし身内だったら鬼電してむちゃくちゃウザがられてるんだろうな。

 

www.hayasakawaka.com