早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

宮脇咲良さんを占ったら存在そのものが美しいブーケだった。その運勢は大冒険にあった話。

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星は~?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなに~?」とメッセージを送ってください。「○○の星のひとですよ~ん☆」って返します。無料なのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ開運♪ 

f:id:hayasaka-waka:20210622151613j:plain

宮脇咲良さんは、1998年3月19日生まれ。

花の星のひとで、ハートの星は自立です。

miyawaki-sakura-hkt48.jp

花×自立の星の組み合わせをもつひとは、ソフトとハードのバランスがキモ☆

花の星のもつ協調性と、自立の星の単独行動。

これら星のいいとこ取りができるのが、この星の組み合わせをもつひとです。

優しくて繊細なのでみんなに好かれますが、そこに安住することなく、単独行動も好み実行するので、よりよい運気を呼び込むことができるんです。

ただ、外から見えている自分と、本音の自分とのギャップが思いっきり出てしまうと、ガンコ認定されてしまうことも。

自分の信念と相容れないものに出会ってしまったときこそ、ふんわり受け流すスキルを身につけると最強になれちゃいます。

あとですね、あえて人前に出るようにすること、目立つように見た目を派手めにすることが開運行為になりますよ。

 

ハートの星に自立をもたれているので、もともとは保守的で堅実な雰囲気なんです。

ですが15歳から24歳まで巡る革新の星。

この星は、冒険とチャレンジ、海外の意味もあり、不安定を良しとします。

もちろん精神的には辛くもあるのですが、少々の無理はきいちゃいます。

そんなタイミングでちゃんと勝負に打って出たからこそ、結果を残されたのだなと。

自立の星って、すごく繊細で怖がりなんですよ。ほんとすごいです。

夢を描いて追いかけて、はじまりを創る。

花の星のひとですが、一輪ではなくてブーケとか花畑の宿命をもっています。

2020年は、60年にいちど巡る結果が出るときでした。

がんばってきたらきただけ、大きなフィードバックがあるんです。

大冒険はまだ2年続きます。

どこまで大活躍をされるのか、わくわくですね。