早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

小栗旬さんを占ったら、これからの芸能界の流れを作る星で胸熱だった話。

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星は~?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなに~?」とメッセージを送ってください。「○○の星のひとですよ~ん☆」って返します。無料なのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ開運♪  

f:id:hayasaka-waka:20201126080442p:plain

小栗旬さんは、1982年12月26日生まれ。

雨の星のひとで、ハートの星は自立です。

雨の星のひとにとって、この4年間はチャーンス。

2022年の大河ドラマ、主演は小栗旬さんです。

小栗さんの水(雨)星と、世の中の流れががっちりハマるタイミングすぎて震えます。

2019年秋、星は土性から水性に切り替わって2023年まで続きます。

 

すべてを飲み込む巨大な水が、大暴れしている2020年。

少し落ち着くものの前進も後退もせず、調整しているような2021年。

そしてまた水は動き始めるものの、そこには秩序があってとんでもないことは起きなそうな2022年。

 

雨水にとっていちばん大切なことは、水をきれいに保つことです。

氷にも蒸気にもなれちゃう水は、形を変えながら循環することで、腐敗することを防いでいます。

水は腐ったらダメ、ゼッタイ。

雨の星のひとの開運行為は動き回ることで、フィールドはできるかぎり広げるとアガっちゃいます。

この4年間は水の流れに乗り、チャンスをつかみやすいんですよ。

 

ファッションは上品できれいめキープでキャラが立ちます。

堅すぎる仕事や、疲れすぎる仕事は避けて吉ですよ。

 

雨×自立の星の組み合わせをもつひとは、ひと当たりやわらかだけどそれを支えているのは強い信念。

知的でクール、ひと当たりがやわらかなので、ソツなく人間関係を渡っているように見えますが中身は違います。

受け身だけど、強い自分を持っています。

このギャップから「意外とガンコ?」誤解されてしまうこともありがちです。

そんなときはちょっと面倒でも丁寧なコミュニケーションを直接することが開運行為です。

 

小栗旬さんの強みは、組織を率いてしっかりと守り戦うこと。

そこには仲間もたくさん集まってくるのですが、グイグイと皆を引っ張っていくオラオラリーダーでは決してありません。

縦の関係ではなく横のつながり、フラットに誰とでも対等に向き合います。

みんなのために、そして自分のために。

守る力が強いけど、必要ならば攻撃も辞さない。

2016年からは現状を壊し脱皮するタイミングに入り、2019年には新しい形が見えてきたはず。

何を壊し、どこを目指すのか。

新しい時代のリーダーになる星なので、これからの芸能界の流れを作ってくれそうな感じなんですよね。胸熱です。

 

2022年大河ドラマ、鎌倉殿の13人 キャストの方です☆

菅田将暉さんも雨の星、三谷幸喜さんも海の星、じわります。

www.hayasakawaka.com