早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

田中角栄さんを占ってみたら、イメージとのギャップがすごすぎた話。

 

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占ってみたり、開運のあんなことやこんなことをブツブツと書いています。

 

「樹の星のひと」「ハートの星は○○」という言葉を使っていますが、「私の星は~???」というかたは、LINE や Twitter から「私の星はなに~?」とメッセージを送ってください。「○○の星のひとですよ~☆」と返しますよん。

有名人と同じ星を見つけて、楽しんでもらえたら嬉しいです。

当ブログは楽天アフィリエイトに参加しています。

(*´艸`)。o○ (もしもですよ、もし経由してお買い物なんてしていただけた日には、うれしくて小躍りして喜びます。もしよかったら利用してみてください。)

 

それではレッツ開運です♪

f:id:hayasaka-waka:20200807211539p:plain

いきなりモノクロ写真です。

過去記事とのテイスト違いすぎな人選ですが、占ってみたらもうイケメン枠でもいいんじゃね?ぐらいのイメージとのギャップがすごかったので書いてみました。

きっかけはこの本です。 


f:id:hayasaka-waka:20200904130354j:image



日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉 [ 池上 彰 ] | ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_6046e39e57/1700085455849288?scid=we_rom_androidapp_id_others

 

池上先生じゃなくて、夜に覚醒するジャーナリスト池上彰さんって、おもしろいですよ。

おひとりおひとりの占い年表とにらめっこしながら熟読です。

 

田中角栄さんは1918年5月4日生まれ。

宝石の星のひとで、ハートの星は伝統です。

 

宝石の星のひとは金の卵

品格の高い言動と行動、洗練をモノにすると人生が動き出します。

こう書いてしまうとイヤミな感じの「お上品」で、逆に下品な感じがしなくもないのですが、そういうことではありません。

どんな宝石でも原石のままでは輝かないように、この星のひとは、学び教養を高めることで人生がガラリと変わります。

持って生まれた資質、位がちょっと高いのです。

そこに磨きをかけることでやっと自分が完成するイメージです。

芸能界にはほんとうに多く、デビューする前にたくさんのことを学び、それはまわりの大人が手塩にかけて輝かせる、まさに金の卵なのです。

 

宝石の星×伝統の星のひとは、いいひとすぎてしんどくなりがち

ひとの気もちを瞬時に理解する、深い洞察力を持っています。

それは「今」の流れを読み取る力、マーケッターの眼の持ち主でもあります。

商品やサービスの開発をしたら、頭角を現すセンスがあり。

地頭がキレッキレで用意周到、何事も先手を打つひとで、控えめに言っても仕事がめちゃめちゃできるひとです。

ただ気が回りすぎてしんどくなることがありそうです。

期待に応えようとしすぎてしまったり、見栄を張ってしまうことで自分の首を絞めてしまわないように、気をつけてみてくださいね。自分自身ではなく、仕事の評価を高めればいいや、ぐらいの割り切り方も時には必要ですよ。

 

田中角栄さんを占うと

モテちゃうよね、近くにいればいるほど大好きになっちゃうよね、のひと言です。

いわゆるギャップ萌え、っていうやつです。

占う前に持っていた田中角栄さんの印象って…

・お金配りおじさんで

・人心掌握力があふれ出てて

・豪快なオラオラ系

・運勢も味方について、一代ですごいことになっちゃったひと

だったんですよね。もちろんそういう所はあったんでしょうけど、それはキャラだったんじゃないかなと思うんですよね。

それまでの総理大臣とはぜんぜん違う、エリートじゃない庶民的な感じを強調していたのかなと。

宝石×伝統じゃないですか。しかも伝統の星は2つありますからね、もう学びの鬼で知性のかたまりですよ。いちにちじゅうデータとにらめっこしてるマーケッターですよ。

考え抜いて一気に行動。

その頭の中も、思考と創造のハーモニーです。

現実離れしているんだけど、リアルに落とし込めちゃう。

エネルギーだって実はそんなに高くない。行動範囲はすんごく狭い。

成功するひとに巡る、特有の星の動きもなくて。地に足がずっとついたまま、ひたすら己の力のみで勝負してきて。

お金配りおじさんだったのに、財星も持っていない。

孫正義さんぐらいの財星のかたまりだと想像していたので、これは衝撃です。

財星は財運であり人気運でもあるから、それがないってことは、知性と行動力でひとつひとつ、コツコツと補ってきたんだなと、運の力を借りずにそんなことができるんだと、いろいろ通り越してほんとすごい。

プライベートではロマンチストでドロドロした駆け引きは苦手な純愛。

百戦錬磨と思いきや、永遠の高校二年生だったりして。

しかも恋に落ちやすく、その都度恋人から影響を受けて自分が変化しちゃうし、思い込み激しめなのもポイントです。

気もちの中で現実と虚が行ったり来たりするところも、政治家としての話術に活かされていたのかな。

田中角栄さんの人間力は、想像(&創造)力と母性。

高度経済成長期の輝きと共にワクワクを連れてきた、ドラえもんのような存在だったのかな。

お金と女性のスキャンダルで文春砲一撃、からのロッキード事件なのに、復活待望論て。

コツコツは裏切らないんだよなぁ。

コンピューター付きブルドーザーだけじゃないところに、すっかりファンになっていまいました。

 

 

www.hayasakawaka.com

 

www.hayasakawaka.com