早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

芸能人がブレイクする共通の運勢と、金運と天中殺について考えた話を書きました☆

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは今月の運勢やあんなことやこんなことをブツブツと占っています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星はー?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなにー?」とメッセージを送ってくださいね。「○○の星のひとですよー☆」って返しますのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ占い です ♪

f:id:hayasaka-waka:20191215000156j:plain

 

天中殺はじぶんらしくないことを見逃してくれない

この前、天中殺は怖くないですよということを書いたのですですが、ここ数日間の芸能ゴシップ、渦中にある彼を占っていたら、今年が天中殺の方でした。

天中殺の時期は、悪事・隠し事が明るみに出やすいです。まるで神さまか仏さまが、「そっちじゃないよ」と軌道修正をしているようにも感じます。

じぶんらしく生きていなかったひずみが、積もりに積もっていよいよどうにかしないといけない事態になっちゃう。そこまで突きつけられないと、人間って分からないときがあるんですよね。

天中殺期間でなくても、巡ってくる星には性質があって。まともな星が回ってきたら、いいかげんなことをしていることはできなくなります。 

 

あと、やっぱりな。と確信したことがあったのでシェアしたくなりました。

ここではシンプルに、テレビに出続けているということを芸能人として成功したと仮定しますね。

そのブレイクの時期っていうのが興味深くて、だいたい共通の運勢の流れを持っています。多くの場合20代でスタートし20年続きます。もちろんタイミングも長さも個人差はありますが。裸一貫でデビューして有名芸能人になるまでの変化を遂げたひとは、ある種の渦に飲み込まれるような感覚があったんじゃないかな、と思うのです。

 

運勢だけで成功しちゃう、富を得ちゃうことってあるんです。だけどそのひとの容量以上のものは、じぶんが変わらなくては持ち続けることができないんです。

今回の騒動の渦中にある彼は、エネルギー量がものすごく小さいんです。人間のエネルギー量って、よく乗り物に例えます。普通自動車・トラック・飛行機のように。

彼は自転車なんですよね、マイペースに小回りがきくような快適なドライブをしていたら、突然竜巻に飲み込まれて、気づいたら空の上。

テレビに出続けていられたのは、運気の波に吹き上げられていただけでコントロール不能だったんだろうな、と思うのです。

運勢の風、竜巻が止んだら嫌でも地面に叩きつけられます。地に足をつけて、自転車を探すところから始めなくちゃならないのです。

 

じゃあどうすればよかったのか、これからどうすればいいのか、ですよね。

運勢・金運によってじぶんの容量以上の富を得たのなら、竜巻が止む前にじぶんのサイズ感のところまで手放すことが大切です。

じぶんだけでできることだと、寄付や奉仕活動になります。

でもこんな考えもあります。できるだけ多くのひとと関わり、会社を作る。トラックや飛行機エネルギーのひとと組みながらがんばり、運勢の波が止む前に上場させる。つまり世のためひとのために生きるようにする。

そこまでしないと、じぶんサイズ以上のお金は残せないようにできていますが、どの星のひとでもお金持ちになることはできると私は思っています。

占いの世界ではチャンスだけは平等です。

 

そして彼はエネルギーは小さいけれど、人気と行動の星があるので、ここで雲隠れをしてしまうよりこれらの星を稼働させるほうがいいです。

天中殺期間中ですから、できごと以上に大ごとになるでしょうし、騒ぎも長引くはず。ですがとにかくエネルギーをふり絞ってジタバタする。分かってもらえなくてもとにかく行動を起こしてみるほうが、二年後のじぶんを助けるはずです。

私は占い脳なので、人間は運勢に対して受け身な存在だと考えていますが、生きるか死ぬかの窮地に立たされたときに、そのひとの真価が問われるとも思っています。