早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

今井翼さんを占ったら、織田信長ぐらいのすごい星だった!話を書きました☆

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは今月の運勢やあんなことやこんなことをブツブツと占っています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星はー?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなにー?」とメッセージを送ってくださいね。「○○の星のひとですよー☆」って返しますのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ占い です ♪

f:id:hayasaka-waka:20200607165634p:plain

 

今井翼さんも山の星のひとだった☆

今井翼さんは1981年10月17日生まれ。

山の星のひとで、ハートの星は伝統です。

 

山の星のひと、やはり山の星のひとではありませんか。

このブログでは山の星のひとをピックアップしちゃうの多すぎる問題に直面しております。それほど魅力的なんですよね、仕方がありません。

山の星のひとは、その存在が愛と財。じぶんからバタバタと動かなくとも、ひとを惹きつけてしまうパワーを持っています。そのたたずまいは堂々としていているように見られることも多いのですが、実は不器用なところがあったりします。でもだからこそコツコツと時間をかけて、努力を積み重ねるのが得意なのかもしれません。

それがあるタイミングで一気に開花するので、周りのひとはおどろくのですが、それは山の星のひとが頑張り続けてきた結果なのです。

 

山×伝統の星を持つひとは☆

この星の組み合わせを持つひとは、年齢よりも大人びて見えます。早熟な印象を与えてしまうことが、若いうちは居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

本人は大人っぽくしているつもりはないのですが、言葉に重みがあり、貫禄を感じさせてしまうのですね。

年齢を重ねるにつれ、周りのひとに認められどんどん生きやすくなります。まさに大器晩成です。

 

今井翼さんを総合的に占ってみると☆

2018年から2019年は、天中殺(てんちゅうさつ)期間でした。空亡(くうぼ)とか大殺界(だいさっかい)とか言われたりもしてて、呼び名だけでもそれはそれは恐ろしい感じですが、怖がる時期ではありません。(初めていちばん大きいフォントを使ってみました。)

じゃあどんな時期なのか?私はこう考えています。

じぶんがじぶんらしく生きているかを、ジャッジされるとき。

じぶんの空間が壊れ、宇宙の気が入ってくることで、じぶんらしくないことがリセットされる。

と、スピリチュアルっぽいことを言ってしまいましたが、ほんと、怖い時期ではありませんよ。

そんな時を経て、2020年は今井翼さんがさらに今井翼さんらしくなったのではないでしょうか。

今井翼さんが開運するスタイルは、集団行動より単独行動。周りのひとに頼らずに、じぶんの信じた道を突き進むことです。大丈夫です、もんのすごい強運ですから。

特に44歳から10年間の飛躍はすさまじいです。役者さんとしてでしょうか、さらに活動を広げられるのでしょうか。楽しみすぎます。

 

余談なのですが、いつか今井翼さんの織田信長も見てみたいなぁ、なんて思うのです。

 

 麒麟がくるを占ったシリーズです☆

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com