早坂和夏のまいにち占いたいブログ

☆更新したらお知らせするライン公式はじめました ♪ お友だち追加であなたの星と運勢2020を無料プレゼントいたします☆

麒麟がくる☆明智光秀こと長谷川博己さんを占ったら、その宿命がドラマティックで心が震えた話。

 

 こんにちは、早坂和夏です ♪

歴史をぜんぜん分かっていない不勉強な占い師が、2020年からはじまる大河ドラマ麒麟がくる」を120% 楽しむために、登場人物ひとりひとりを占い、その魅力をギトギトにお送りするシリーズです。

 

まずは長谷川博己さんです。

これから10年間☆長谷川博己さんの時代が到来、フェーズを超えた大活躍に胸がときめく話 

長谷川博己さんは1977年3月7日生まれ。

雨の星のひとで、ハートの星は色気です。

 

雨の星のひとの特徴は・・・

  • 研究熱心でどこまでも探求する
  • なのにどこか冷静でクール、ホットとクールのアンビバレントな魅力
  • なので、ガンガン押したり熱くなったりはしなそう
  • 体験型学習より研究者型学習派

そこに色気の星が輝きます

  • なんでもスッとできてしまうセンス
  • 勉強家なんです
  • コツコツできるし、ぜんぜんブレない安定感すごい
  • 熱くなりにくいので、小さくまとまりがち
  • じぶんの世界、専門分野を確立するとめちゃめちゃ輝く 

そして長谷川博己さんを全体的に占うと

  • じぶん↔社会の関係性のスケールが最大級
  • それは、いいタイミングが巡るとその運の上昇に天井がないということ、まさにスター☆
  • じぶんの持っているエネルギーも最大級
  • それは、存在感が最大級ということ
  • 何かを壊しながら創り上げる、壊さないと創れない、じつは不器用な生き方をしちゃう
  • 41歳からの10年間が 無双状態 のタイミング、最強
  • がゆえに、やりたいと思うことは叶うタイミング
  • なのに、じぶんから外に向けてガンガンいかないし営業もしない、信頼できるひと経由で来たものを受けるスタンス
  • だからこそ考えていることが伝わりにくくて、さらにミステリアスな魅力が増してしまう

 

明智光秀像と重なるのでしょうか。

製作者スタッフさまからは、「明智光秀をぜんぜん知らなくても楽しめる」なんて、胸がときめく天の声がありました。嬉しい限りです。

 

ですが、前のめりなほうが人生は楽しいですからね、ここは少しでも知っておきたいところです。

 わからないときは、まずウィキペディア先生に聞いてみます。

ja.wikipedia.org

ありがとうございます。

でも・・・あの・・・ものすごく長いのですね。

己の不勉強を猛烈に反省しています。

 

けれど占い脳ですからね、「あ〜、明智光秀長谷川博己さん、重なるわぁ ❤ 」て、すぐ思っちゃう幸せなやつだったりします、重症ですね(笑)

 

本能寺の変の13日後に、諸説はあるものの亡くなられたとか、いちいち丸く収まらない宿命とそのエネルギーを長谷川博己さんが演じることに心が震えます。

 

大きく前進するときに、なにかが起こる。じぶんを壊しては作り直し、その魅力はますます強固なものになる。

すべてがまるっと整っているより、なにかがどこか崩れているような、ミステリアスなひとに吸い込まれるってありませんか?

 そしてこの前見つけた写真集、タイトルが秀逸すぎません?

 

大河ドラマのスタートまで、1か月を切りました。

勉強しながら待ちたいと思います。

歴史に詳しいかた、教えてくださいお願いします。

 

麒麟がくるについて書いたあれこれです。

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com
www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com

 

 

悪い男

悪い男