早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

麒麟がくる 長谷川博己さんを占ったら、ドラマティックな宿命に震えた話。

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占いながら、ふつうのひとが開運するにはどうしたらいいんだろう?なんていうことをテーマに、ゆるゆると書いています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星は~?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなに~?」とメッセージを送ってください。「○○の星のひとですよ~ん☆」って返します。無料なのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ開運♪  

2020年からはじまる大河ドラマ「麒麟がくる」を120% 楽しむために、登場人物を占っていきまっす。

 

まずは長谷川博己さん。

これからの10年間、長谷川博己さんはフェーズを超えた大活躍のとき

長谷川博己さんは1977年3月7日生まれ。

雨の星のひとで、ハートの星は色気です。

 

雨の星のひとの熱い探求心とクールな分析力はすごい。

  • 研究熱心でどこまでも探求する
  • なのにどこか冷静でクール、ホットとクールのアンビバレントな魅力
  • なので、ガンガン押したり熱くなったりはしなそう
  • 体験型学習より研究者型学習派

雨×色気の星の組み合わせをもつひとは、専門性で開運

  • なんでもスッとできてしまうセンス
  • 勉強家なんです
  • コツコツできるし、ぜんぜんブレない安定感すごい
  • 熱くなりにくいので、小さくまとまりがち
  • じぶんの世界、専門分野を確立するとめちゃめちゃ輝く 

長谷川博己さんの存在感と運勢、爆上げしています

  • 自身↔社会の関係性のスケールが最大級
  • それは、いいタイミングが巡るとその運の上昇に天井がないということ、まさにスター☆
  • 自身の持っているエネルギーも最大級
  • それは、存在感が最大級ということ
  • 何かを壊しながら創り上げる、壊さないと創れない、じつは不器用な生き方をしちゃう
  • 41歳からの10年間が 無双状態 のタイミング、最強
  • がゆえに、やりたいと思うことは叶うタイミング
  • なのに、じぶんから外に向けてガンガンいかないし営業もしない、信頼できるひと経由で来たものを受けるスタンス
  • だからこそ考えていることが伝わりにくくて、さらにミステリアスな魅力が増してしまう

 

明智光秀像と重なるのでしょうか。

 

わからないときは、まずウィキペディア先生に聞いてみます。

ja.wikipedia.org

ありがとうございます。

でもあの、ものすごく長いのですね。

己の不勉強を猛烈に反省しています。

 

本能寺の変の13日後に、諸説はあるものの亡くなられたとか、いちいち丸く収まらない宿命とそのエネルギーを長谷川博己さんが演じることに心が震えます。

大きく前進するときになにかが壊れる。作り直しながらその魅力はますます強固なものになる。

すべてがまるっと整っているより、なにかがどこか崩れているような、ミステリアスなひとに吸い込まれるってありませんか?

 

大河ドラマのスタートまで、1か月を切りました。

勉強しながら待ちたいと思います。

 

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com

 

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com