早坂和夏のまいにち占いたいブログ

あなたはどんな☆星?

平野紫耀さんを占ったら、ソロ充すぎて天然に見えちゃうのかもな話。

 

  

こんにちは、早坂和夏です。

わたしは東洋占星術の占い師で、このブログでは有名人を占ってみたり、開運のあんなことやこんなことをブツブツと書き綴っています。

「樹の星のひと」とか「山の星のひと」という言葉を使っていますが、「わたしの星はー?」というかたは、LINE やTwitter から「わたしの星はなにー?」とメッセージを送ってくださいね。「○○の星のひとですよー☆」って返しますのでお気軽にどうぞ。

有名人の中から自分の星を探して、楽しんでいただけたらうれしいです ♡

それではレッツ開運です ♪

f:id:hayasaka-waka:20200825124417p:plain

 

平野紫耀さんは1997年1月29日生まれ。

宝石のひとでハートの星は革新です。

 

宝石×革新の星のひとの、感覚と地頭はすごい

フットワークが軽く、その足で出会ったものから吸収する力がすごいのです。

感覚人間×地頭キレキレなので、いろいろなことに挑戦します。そのためいつも忙しいのですが、見事にちゃんとあれこれお仕事に結びついちゃいます。

流行は追うのでなくむしろ先取り。なんなら流行を作り出すほうなのです。

弱点は、もっている天分の才に対して、体力が追いつかなかったりするので何よりも健康一番、体力づくりはマストだったりします。

 

平野紫耀さんは不言実行マイペース型

 

実は意思表示は苦手めな、引っ込み思案のところがあったりして、結果マイペースでいきなり行動するひとと思われがちだったりします。

相談したり頼ったりするよりも、じぶんひとりで、でできる限りのことをする強い意志をお持ちなんですね。

ですがその反面、ひとからの頼まれごとや世話事は引き受けることが多くて、じぶんのこと以上に大変だったりします。

なんでもじぶんでできてしまうので、ひとり遊びが得意なソロ充だったりするところが、自由人で天然(?)に映っているのかもですね。

木火土金水、五行のなかの水質を高めることが開運の星になります。

海や大きな川の近く、北方面の旅行、黒い洋服などがパワーチャージになります。

2020年からの4年間は、水質の星が巡ってくるのでさらに輝きを放たれるはず☆です。 

Hanako(ハナコ) 2020年2月号 No.1180 [幸せをよぶ、神社とお寺。/平野紫耀]

Hanako(ハナコ) 2020年2月号 No.1180 [幸せをよぶ、神社とお寺。/平野紫耀]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2019/12/26
  • メディア: 雑誌