早坂和夏のまいにち占いたいブログ

☆更新したらお知らせするライン公式はじめました ♪ お友だち追加であなたの星と運勢2020を無料プレゼントいたします☆

「麒麟がくる」濃姫役を占いで探したら、安藤サクラさんがいい! と勝手に思った話。

こんにちは、早坂和夏です ♪

例によって、「麒麟がくる」の相関図から相性を占っていました。

 

のけぞりました。

織田信長役の染谷将太さんと、濃姫役(のはずだった)沢尻エリカさんは、占いの星でみると、お互いの分身のような存在です。

亭主関白でもなく、かかあ天下でもなく、

対等なパートナーーーーーー、です。

そんな相性については、以前に書きました。

 

hayasaka-waka.hatenablog.com

 

染谷将太さんと沢尻エリカさんのほどばしる感性 

染谷将太さんは、

1992年9月3日

生まれた日の干支は壬午(みずのえ うま)

宿命の星は、秋の海のひと、です。

 

沢尻エリカさんは、

1986年4月8日

生まれた日の干支は壬午(みずのえ うま)

宿命の星は、春の海のひと、です。

 

おもしろそう! この織田信長濃姫は、ほんとにっ!観たかったです。

すんごく現代的で、知的で、感性のぶつかり合いじゃないですか。

あー、見たかった、、、残念すぎます。

 

そんな染谷将太さんと沢尻エリカさんが共通している、生まれた日の干支。

壬午のひとは・・・

  • 壬は最大の水+午は最大の火、なのです
  • それは、アンバランスなバランスを生きるということ
  • スピリチュアル的に、ものすごいものがある
  • 感性が鋭すぎて、いろいろ見えちゃうし分かっちゃう
  • だから、言わんでいいことまでズバズバ言いがち
  • 独身だったり孤独だったりすると、その能力が最大になる

 

そんな夫婦って、すごくないですか?

それが織田信長濃姫なんて、魅力的すぎる。

でも、それが叶わなかったのは残念だけど仕方がないです。

 

なので、そんな女優さんがいないか探してみました。

いらっしゃいましたー!

同じ壬午ではないのですが、水と火のぶつかり合う干支。

 

安藤サクラさんもやっぱりすごかった

1986年2月18日生まれ

生まれた日の干支は、癸巳(みずのと み)

宿命の星は、春の雨のひと、です。

  • 壬午と同じく、火と水のぶつかり合い
  • 精神的な葛藤が強い感受性を育てる
  • 芸術家
  • 世間のモノサシでなく自分の世界を大切にする
  • うつり気なところがあるけど、ひとつの世界に限定して進むと大成する

 

壬と癸は、海と雨、同じ水のグループです。

壬が陽(男)の星で、癸が陰(女)の星になります。

 

生まれた日の干支だけでみると、陰陽の違いは、沢尻エリカさんは男っぽいところがあって、安藤サクラさんは女性らしい雰囲気ですよ、みたいな感じです。

 

安藤サクラさんの濃姫は、まず叶わないと思いますが、あれこれ想像(妄想)しながら、2020年の大河ドラマを待ちたいと思います。

 

麒麟がくるを占っているシリーズです☆

www.hayasakawaka.com

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com 

www.hayasakawaka.com 

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全読本 (NIKKO MOOK)

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全読本 (NIKKO MOOK)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2020/01/11
  • メディア: ムック